ワークフロー

 

どんなにテクノロジーが進化し、 機械化が進んでも最後は人の力。

そして『組織の結束力 』それが、 北九州カーボン印刷の底力です。

 

1.企画・デザイン

企画・デザインにおいてまずお客様、デザイナ一、営業部による情報の統一化を大切にしています。 この情報を元に、より具体的な制作に取り組んでいきます。制作環境では印刷業界の標準でもあるMacを中心にしつつも、 ユーザー様が作成したオフィスデータにも対応すべくWindowsも設置しており、 高度情報化社会に最新の状態で取り組んでおります。

また、北九州カーボン印刷本社ではお客様とのコミュニケーションを密にするため「ミーティングルーム >>」を新たに設置いたしました。

2.データ作成

データ作成では、 デザイナーによりMac・Windowsを中心としたPCによる編集作業や、 印刷用としてデータの骨組みを作っていきます。 多種アプリケーションを駆使してお客様に情報をより見やすく、そして印刷物としての質を高めるために調整をおこないます。

3.製版

昔は製版工程といいますと、データ作成後フィルムに返し、集版業務後に色校正、そして修正、その後刷版(アルミの板に焼き付け)の作業を行っておりましたが、 現在はデータ作成後PC上で面付けアルミ板に直接出力が可能となり、工程の短縮されました。

アグファ

4.印刷

印刷機械はメーカーとも多種多様です。それぞれの条件に合った印刷を使用し印刷工程を構築していきます。
この工程にて印刷の色や、実際に紙に色を付けていきます。短納期を希望されるお客様の場合、速乾性に優れたUV印刷を選択することも可能です。

RGMT

5.製本

印刷物を製本工程において、 お客様の要望にお答えすべく加工していく部門であり、糸がかり綴じ、折、無線綴じ(冊子形式)中綴じ(パンフレット等)天糊(伝票等)さまざまな形に加工を行います。

ホリゾン

6.仕上げ・加工

印刷物の最終段階であり、断裁、穴あけ加工、包装、ケース詰めを行っていく作業です。


オンデマンド印刷

業界の課題でもある小ロット・短納期に対応するために導入された専門のプリンタです。

オフセットでは難しい複雑なバリアブル印刷にも対応出来ます。また中綴じのなどの製本も同時に行うことが可能です。

C10000VP

 印刷速度

A4ステイプル

中綴じ

ハガキ4面(裏側に印字)